「ファーストドリーム」12/27(金)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

2学期が終わり、冬休みが始まりました。もうしばらくするとお正月です。新堀教室では、
子ども達が新年を迎える準備の一環として、「年賀状作り」を行いました。

来年の干支(えと)は“ねずみ”です。年賀状にねずみをあしらった切紙を貼り、カラーテープで装飾をしました。ねずみのモチーフは皆共通なのですが、それぞれ違った貼り方をしていて、同じような仕上がりのものは一つとしてありません。子供の人数分と同じだけの異なる様々な年賀状が出来上がるということは、子ども達の個性の多様さを物語っています。

出来上がった年賀状を持ち帰る子もいれば、宛名を書いて投函の準備をする子もいました。
皆、新年の挨拶を誰に向けて作ったのでしょうか・・・

 

近年は携帯電話やSNSの普及などにより、大人でも年賀状を書かず電子メッセージで済ませてしまうことが多々あります。ファーストドリームは、古くからの日本の伝統を伝え、普及していくことにも力を入れています!

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!
https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/
※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!
■ファーストドリームの詳細はこちらから!
http://www.firstscene-education.com/
■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!
http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」12/23(月)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

 

子ども達が待ちに待ったクリスマスが、もう目の前です。今日の新堀教室は、クリスマスに因んだ絵本の読み聞かせをしました。お互いを思いあう気持ちを大切にするという心温まる内容で子ども達にも幸せな気持ちでクリスマスを迎えて欲しいと思います。

 

『クリスマスの贈り物』は、プレゼントを届け終えたサンタクロースがひとつだけ配り忘れていたプレゼントを届けにトナカイにも声を掛けず、ひとりで遠くの山奥に住む男の子のところに朝までに辿りつくように、途中みんなの力を借りて何とか間に合って渡せるという内容です。サンタクロースが次々と出会う色々な人に頼んで、少しづつ男の子の家に近づいていくのを、「もうちょっとだ!」「サンタさん頑張れ~」と小さな声でつぶやきながらじっと絵本のページがめくられるのを待つ子ども達。疲れて具合が悪くなったトナカイを休ませるために、ひとりで届ける決心をしたサンタクロース。その優しさを知ってみんな一緒になってサンタクロースを応援してくれました。

 

お話を聞いたあと、サンタクロースがいるかどうかと言う話を真剣にする低学年の男の子たち。「サンタクロースは、本当はお父さんなんだよ!」「違うよ。お父さん以外にも本当のサンタさんはいるんだよ~!」いつまでもサンタクロースの存在を信じられる純粋さを応援したい気持ちになりました。

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」10/8(火)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

 

「ファーストドリーム新堀」の10月8日(火)の活動は、防災について学びました!

 

今日の1つ目のテーマは「火災の怖さを知る」ということでした。

以前北海道で行われた火災実験の映像を見て、火災はどのように発生し、どのように火が回っていくのかを学びました。火がみるみるうちに部屋中に回っていく映像や天ぷら油火災の映像を、子ども達は興味と緊張感を持って見ていました!

 

2つ目のテーマは「正しい避難の方法を知ろう」でした。

まず、よく学校などで教わる「おさない、はしらない、しゃべらない、もどらない」の「お・は・し・も」の約束を確認しました。それらは子ども達もよく分かっており、なぜそのようにするのかを聞くと、元気に答えてくれました♪

また、「煙の怖さ」という話では、火事では火と同じくらい煙も怖いということを学びました!そのことも子ども達は知っており、真っ黒な煙に覆われることによって方向感覚を失い、どっちに逃げればいいのか分からなくなること、また、高温の煙を吸い込むことで息ができなくなったり、一酸化炭素中毒になったりする危険性があることを改めて確認しました。正しい避難方法として、濡れたハンカチなどで鼻や口を覆ったり、身を低くして避難する必要があることをみんなで話し合いました♪

 

防災に関しては、「知識がある・知っている」ということがとても大事です。子ども達も繰り返し学ぶことで、たくさんの知識を身に付けることができます。これからも防災について学び、何かあった時に実際に行動に移せるように訓練を積み重ねていきたいと思います!

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

 

「ファーストドリーム」8/20(火)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

 

「ファーストドリーム新堀」の8月20日(火)の活動は、文化的活動として「言葉の力」について学びました♪

 

普段、何気なく発した自分の言葉が人を傷つけたり、取り返しのつかない重大な事態を引き起こしてしまう「言葉の暴力」の恐ろしさと、思わず嬉しくなる様な「魔法の言葉」の重要性をみんなで考えてみました!

 

最近の子ども達の口調で、特に気になるものが、物騒なワードが当たり前のようにポンポン飛び交っている事です。

 

でも、周囲の大人にとっては、聞き流すことのできない言葉ですし、実際に友達と思っていた子から辛辣な言葉を浴びせられたら、言われた本人は一体どう思うでしょう?

悲しい気持ちになり、学校に行く元気も無くなってしまうかもしれません。

大好きだった友達に嫌われてしまったのではないかと思う子もいるでしょう。

宿題もゲームも手につかなくなるほど、落ち込む場合もあると思います。

 

反対に、たったひと言でも気持ちが前向きになれたり、難しい課題に取り組む勇気を与えられる事もあったりするのではないでしょうか?

言葉に限らず、大事なのは相手を思いやる事、他人の痛みを知る事ではないでしょうか?

 

子ども達は、上記の先生の話を集中して聞いてくれました。

話を聞いた後は、皆で○×クイズをして理解を深めました!IMG_1069

 

困っていたら誰にでも手を差し伸べられるような、優しい心の持ち主になってもらえるよう、温かい療育をこれからも行っていきたいと思います♪

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/