「ファーストドリーム」12/26(木)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

上一色教室では子ども達や保護者様が安心して放課後等デイサービスの支援を受け続けられるようにするために、教室で起こる様々なリスク、例えば、健康状態の急変、非常災害、犯罪、感染症の蔓延等に対する、訓練や対応マニュアルの整備を日頃から行っています。そこで今日は定期的に行っている災害時の避難訓練をマニュアルと設定した災害のシナリオに基づいて実施しました。

■備えあれば憂いが減る!

S__64585751.jpg

子ども達はまず先生から、地震や洪水の怖さとその際に上一色教室で取る対応について説明を聞きました。例えば地震と洪水の大きな違いは、地震の時は地震が起こってから教室では安全が保てない場合に避難をすることがあるのに対して、洪水の時は避難情報などが出て被害が起こる前に避難などを行うことです。

「減災」という言葉がありますが、自然災害などが発生することは仕方ありませんが、備えをして被害を減らすという考え方が何よりも重要です。子ども達も熱心に説明に耳を傾けていました。

上一色教室では、このように緊急事態の種類別に細かく対応のマニュアルを随時整備更新して万全の備えをしています。

■繰り返し覚えて何度も伝える

S__64585754.jpg

今日は先生の説明を聞いた後は、地震が起こって教室にいると危ないので避難先に指定されている近くの中学校に徒歩で行くという想定で、実際に防災頭巾を被って避難訓練を行いました。

初めは教室ではしゃいでいた子ども達ですが、先生から避難時の心構えとして聞いていた「おかしも」(押さない、駆けない、喋らない、戻らない)を思い出してみんなで注意し合いながら規律を守って整然と行動することができました。

S__64585753.jpg

S__64585755もし本当に災害が発生した場合には、子ども達はパニックになって普段通りの行動が難しくなることも考えられます。それでも、このような訓練を繰り返し行っておくことによるリハーサル効果で、平常心に近い行動が出来るよう続けることがとても大事です。

そして教室の先生達も実際に避難ルートなどを辿ってみることで、状況が変わっていたり、新しい発見があって、対策をリニューアルしていくことが可能になりました。

上一色教室では、これからも常に子ども達と先生たちの安心安全に最大限考慮して命を守るために、想定できるあらゆるリスクを減らしていく努力をし続けていきます。

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/
※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中