「ファーストドリーム」8/24(木)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム瑞江」 の8月24日(木)はサーキットトレーニングで体を動かすスポーツ教室を行いました。

発達に心配のある子ども達の中には協調運動が苦手であったり、運動そのものに苦手意識を抱えた子がいます。

そういった子達の為に身体機能向上、体を動かすことの楽しさを感じてもらい、運動に前向きなイメージを持ってもらえるような活動を行いました。

今回は幅跳び、でんぐり返し、リフティング(サッカー)の3つの種目を用意し、子ども達に順番に行ってもらいました。

幅跳びは両足で踏み切ってジャンプ!というのが、中々難しい子もおり、何度やっても片足踏切になってしまう子もいました。

そうすると横からお友達が「こうやるんだよ」と教えてくれるなど、人を思いやる場面も見られました。

でんぐり返しは大人がやると簡単ですが、手をついて、頭を入れて、回って、足を付いて、体を起こして・・・と一つ一つを見てみると意外にたくさんの動きが入っており、子ども達の身体機能向上にはとても良い運動です。

上手な子はくるりと一回転できますが、苦手な子は背中から着地し、うまく一回転できない子もいましたが、何度も何度も挑戦する姿が見られました。

最後はサッカーのリフティングです。

コツはボールを高く上げすぎずに腰の高さ位まででリフティングすることですが、これが子ども達にとっては至難の業です。

どうしても強く蹴ってしまったり、真上に蹴れずにどこかへ飛んで行ってしまったりと笑顔を見せながら一生懸命ボールを追いかけていました。

ボールをよく見て足に当てることで、体の動かし方だけでなく、空間把握の力も伸ばせたらと考えています。

活動が終わると、どこからともなく、「馬跳びしよう!先生馬になって!」と声があがり、馬跳び大会が始まりました。

高学年の子はさすが、助走も踏切も完璧である程度の高さまでしっかり跳べていました。

低学年の子は恐怖心から上手く踏み切れない子もいましたが、そこは先生が高さを調節し、全員見事に跳ぶことができました。

一人が跳ぶと周りから「おーっ」と拍手が上がり、跳んだ子も照れながらも嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

ファーストドリームではどんな活動でも子ども達がお互いのことを認め、褒めて、互いに施徴していけるよう、子ども達同士の繋がりを大切にしながら今後も療育に取り組んでまいります。

 

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームのブログはこちらから!

https://firstdreammizue.wordpress.com

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワークの公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中