「ファーストドリーム」6/30(金)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム南篠崎」の6月30日(金)は、環境美化に関するポスター作りを行いました。

普段何気なく過ごしている街や遊んでいる公園、毎日通う学校も誰かの手でいつもきれいに保たれています。

そんな当たり前だけど、見落としがちなことに気付いてもらう、目を向けてもらう為にゴミ拾いなど、環境に関するテーマで子ども達にポスターを作ってもらいました。

折り紙を折ったり、千切ったりして貼り付ける子、カラフルな色を使って絵を描く子など、子ども達の自由な発想で絵を描いてもらいました。

文字を書くのが苦手な子にとっては絵を描くときに真っ直ぐな線、丸い線を書くだけでも文字を書くための良い訓練になります。

文字がきれいに書けない子は真っ直ぐな線を書くのが苦手だったりします。

そんな課題を全く別の角度からアプローチすることで子ども達は勉強している意識なく、実は勉強していることになり、より自然に文字を習得できたらと考えております。

子ども達の自由な発想から生まれた作品はどれも素敵な作品ばかりでした。

今後もいろんなテーマで子ども達の感性を育み、様々な自己表現を促していきたいと考えております。

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

広告

「ファーストドリーム」6/29(木)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

今回は「ファーストドリーム南篠崎」での児童発達支援事業の様子をお届けします!

今日は、ひも通しや数字の練習、お箸の練習などを行いました。

ひも通しでは、手先を上手に使えるように練習しました。

今はまだ小さいので「そんなものなのかな」と思っていても、小学校にあがってもうまくはさみが使えない、お箸もうまく使えないなんて子もいます。

早いうちから少しずつ訓練することで、指先の器用さも身に付きます。

小さな穴にひもを通すことは難しいですが、先生と一緒に順番にひもを通すことができました。

ひもを全部通せると、とても嬉しそうな表情を見せてくれます。

「できた!」という成功体験は子ども達の中でその子自身の力として積み重なります。

いくつもの成功体験があるからこそ、前向きに挑戦してみたり、一人でもやってみようという気持ちになったり、それが結果手先の不器用さの克服に繋がります。

数字の練習は、1~5までの練習をしました。

ブロックを使って視覚からも数字がいくつあるか分かるようにして練習しました。

ブロックで数字を作れたら、数字カードを見ながら声に出して練習します。

お箸の練習は、お皿にあるボールを別のお皿に移す練習をしました。

真剣な顔で集中してお箸の練習を行っており、お箸の練習だけでなく、集中力を高める訓練にもなっております。

ファーストドリームの療育では学習面だけでなく、日常生活においても必要なスキルを学び、みんなが不安なく過ごしていけるように支援を行っております。

これからも視覚や聴覚など様々な面からの療育を行い、支援してまいります。

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」6/28(火)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム上一色」の6月28日(水)は、ソーシャルスキルトレーニングとして「感謝の気持ちを伝えよう」というテーマの活動を行いました。

日頃からお世話になっている人に向けて感謝の気持ちをメッセージカードに書いて伝えるということを今回行いました。

普段からファーストドリームでは「ありがとう」と言えるような療育を行っております。子ども達も自然と「ありがとう」という言葉を言ってくれる姿をよく見ることが出来ております。

今回は言葉ではなく紙に感謝の気持ちを書くという事を行いました。

子ども達は先生に対して、お母さんお父さんに対してありがとうの言葉を綴ってくれていました。

普段言葉では伝えられないことも、紙に書くことによって、自分はこんなこと思っていたんだなどと気持ちを再確認することに繋がります。

さらには、感謝の気持ちを綴るということは相手のことを考えながら文章を書くことだと思います。

「相手のことを考える」こういったことが出来ない子が子ども達の中に多く見られます。

そういった意味でも今回のような活動を行うことによって、他者への理解に繋がっていくことが出来ればと今後もファーストドリームでは活動を行っていきます。

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」6/27(火)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

今回は「ファーストドリーム南篠崎」での児童発達支援事業の様子をお届けします!

この日はハサミの練習、線引きの練習などを主に行いました。

小さい子ですと、ハサミを使うのもまだ練習が必要です。

指先の運動の訓練の他にも集中力を養う練習にもなります。

児童発達支援では、そういった小さい子に寄り添うことによって安全かつ丁寧に療育を行っております。

一対一で子ども達に接することで子どもも安心して教室内で過ごしている様子が見られております。

小さい子は初めて来る場所、初めて会う人に恐怖心、または人見知りなどが出てしまい、環境に慣れてしまうのに時間がかかってしまうこともあるかと思います。

個別療育という少人数の環境を設けることで、子どもたちも安心感が芽生え始めている様子で、教室内でも楽しく遊べ、お友達同士の交流も見られております。

小学校に就学する前からお友達との交流、環境の変化などへの対応力を身につけていくことで、小学校に上がった際や、ゆくゆく社会に出た時の適応力が身についてくれればと考え、ファーストドリーム南篠崎では療育を行っております。

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」6/26(月)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム新堀」の6月26日(月)はソーシャルスキルトレーニングの一環で「お買い物をしよう」というテーマで活動を行いました。

今回は、教室の中でお店屋さんを開きました。

子ども達にはどりーむ銀行のお金100円を渡し、10円コーナー、20円コーナー、30円コーナーの中から好きなおやつを100円分選んで買い物をしてもらいました。

生きていく上で買い物は必須です。

お金の計算、買いたいものがたくさんあった時にどれを買ってどれを我慢するか、欲しかったものが品切れになってしまった場合など、子ども達にとっては学ぶことが意外にたくさんあります。

ただ、自分達の好きなおやつを買えるということにわくわくした様子の子ども達はお店屋さんが開くと、わーっと一斉に駆け寄りましたが、先生が「順番に並んでね。お店屋さんでもちゃんとレジの前で順番に並ぶよね!」と声を掛けると、子ども達は「そうだった!」と綺麗に一列に並んで順番を待つ事が出来ました。

「何を買おうかなー」と皆真剣な表情でお買い物をしていました。

ある男の子は「このおやつ、妹の大好物だから買っていってあげるんだ!」と自分の為ではなく、大切な妹のことを思って選んでいました。

ファーストドリームにはアレルギーを持つ子もいますが、皆同じように安心して楽しんでもらえるようにと、おやつに含まれているアレルギー物質の表を作成し、先生が子どもと一緒に確認しながら提供できるように致しました。

「このおやつは僕の食べられない物がはいっていないから安心だね!」と嬉しそうに選んでいる子の姿が見られました。

これも訓練の一つですね。

将来一人で買い物に出たときに何が食べられて、何が食べられないかの判断ができないとアレルギーは命に関わります。

大人が一緒にいられるうちにしっかり訓練することで、少しずつ身に付いていきます。

お釣りの受け渡しをしながら、100円分上手に使い切ってお買い物を終えた子ども達は、「お買い物で買ったおやつはお家に持って帰って食べましょう。」という約束をしっかりと守り、大切そうに持って帰りました。

ファーストドリームではこれからも活動を通して、子ども達がその日行った事が目に見える「成果」とお土産話を持って、ご家庭に帰れるような活動を行ってまいります。

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」6/24(土)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム」の6月24日(土)は毎月恒例のイベントを行いました。

今回は昔の遊びのテーマに行い、午前中にはメンコ作り、午後は移動しイベント会場の鹿骨区民館で「昔遊びフェスティバル」を行いました。

会場内には割りばし鉄砲、あやとり、けん玉、缶ぽっくり、フラフープのコーナーを設けて、コーナーごとに楽しんでもらいました。

それぞれの遊びをやったことのある子、やったことのない子おりましたが、各コーナーにスタッフを配置して、やり方が分からない子には手取り足取り先生が教えてあげることで、子ども達もどんどんやり方を身につけていき、一人でできるようになっていく姿も見られました。

スタンプラリー形式で各コーナー回り切った子には、駄菓子屋コーナーでくじ引きと、100円券を渡し、好きなお菓子と交換をしてもらいました。

子ども達はどれとどれを買えば100円になるか計算しながら楽しくお買い物をしている様子でした。

また今回のイベントの最後には各教室の新しいオモチャのお披露目会を行いました。

このオモチャは事前に子ども達に教室に欲しいオモチャのアンケートを取り、それを元に購入したものだったので、子ども達はそのオモチャを見てとても喜んでいる様子でした。

ファーストドリームでは毎月子ども達が楽しんでもらえるようなイベントを行っております。また保護者様のご見学も可能となっておりますので、普段お子様がファーストドリームでどのように過ごされているかを知る良い機会ともなっております。

7月のイベントは夏祭りを予定しております。子どもたちに楽しんでもらえるような企画を考えておりますのでご期待ください。

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」6/23(金)活動報告♪

ファーストシーングローバルネットワークが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム新堀」の6月23日(金)は「リトミック」の活動を行いました。

リトミックはピアノを使い演奏し、「挨拶」をすることの大切さや音楽から季節を感じることができたりと、子ども達にとって様々な体験ができる活動になっています。

活動は、「お友達とこんにちは~♪」といつものように挨拶から始まります。

これを毎回の活動で繰り返し行うことで、リトミックの活動は最初に挨拶からスタートするものだと認識し、子ども達は行動しやすくなるのです。

挨拶をすることで、社会的マナーも学ぶ事ができ、子ども達の良い将来への出発点になります。

他には、子ども達が毎回楽しめるプログラムをリトミック専門の先生が作って下さり、今回も楽しく活動できるようなメニューばかりでした!

梅雨の季節という事で、水色のカードを水たまりと想定し、みんなで「せーの!」の掛け声で音に合わせてジャンプする子ども達の姿はとても楽しそうで、笑顔がたくさん見られました。

音楽に合わせ身体を動かし、音楽が止まったらストップ、違う音楽に変わったら逆方向に動くなど、単純な動きのように見えますが、子ども達の中では頭を使って身体を動かす事ができました。

そういった行動を繰り返していくことで、リトミックの先生が音楽を変え「逆方向に動いて」と指示を出す前に、音楽が変わったときづいた瞬間に自ら逆方向に動き出したりと、活動の中でも子どもの成長を見ることができました。

ファーストドリームでは今後も定期的に外部の専門講師を招いてのリトミックの活動を行っていきます。

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/