「ファーストドリーム」3/23(木)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム新堀」 の3月23日(木)はソーシャルスキルトレーニングの一環で『お友達を遊びに誘おう』を行いました。

今回の活動では篠崎公園にて、上一色教室と合同で活動を行いました。

公園にボールやバドミントンなどの遊具を持って行き、それぞれ好きなもので遊んでもらいました。

スタッフも率先して遊びの輪の中に入って行くことで、子ども達も遊びに入りやすい環境を作ったことで、みんなそれぞれに遊びを楽しむことが出来ました。

今回、新堀教室と上一色教室の合同で活動を行ったことには狙いがあります。

4月から新一年生のお友達が多くファーストドリームに入ってきます。

初めて会う子に子どもたちも身構えてしまうことがあるかもしれません。

それぞれの教室ではまだ会ったことない子も多くいるため、そういった状況でもお友達同士楽しく遊ぶことの練習の意味合いも今回の活動にはありました。

4月からみんなそれぞれに学年が上がります。

今でも年下の子の面倒をよく見てくれる子は大勢います。

年上のお兄さん、お姉さんになるにあたり年下の子に優しく接するということはとても大切だと思います。

今日の活動では教室関係なく、みんなで楽しく遊ぶ様子が見られました。

ファーストドリームに通う子は初めての場所や初めての人が苦手な傾向にある子が多くいます。

もちろん本人の特性もありますが、周りの環境を少しだけ整えてあげるだけで、その課題をクリアすることもできます。

今回の活動はまだ見ぬ新一年生の子達が新しく教室に通うための下地作りという意味では、とても大きな意味を持つと思います。

 

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから

http://www.first-scene.jp/

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

広告

「ファーストドリーム」3/22(水)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム瑞江」の3月22日(水)は、工作で「パッチンかえる」を作りました。

作り方は簡単で、1つの牛乳パックから8つのパッチンかえるが作れます。

牛乳パックを小さく長方形に切り、牛乳パックの4つの端から2センチほどの部分に切り込みを入れ、そこに輪ゴムをクロスでひっかけて出来上がりです。

簡単な工作なので、子ども達も取り組みやすく、今回はとってもスムーズにみんなが楽しんで参加することが出来ました。

牛乳パックに可愛いカエルの絵を描く子もいました。どのカエルが一番高く飛ぶか、カエル飛ばし大会も行われました。

簡単に作れる工作だからこそ、工夫を凝らす事で様々な遊びに発展させることができます。

アイデア豊かな子どもたちの発想力には驚かされるばかりです。

輪ゴムをダブルクロスにし飛ぶ力を強化しようとしたり、凝った絵を描き、独自の作品に仕上げたりとそれぞれの楽しみ方で楽しい工作の時間になりました。

これからも、ファーストドリームでは子どもの発想力を大切にし、自由に楽しく活動に参加できるようにしていきます。

その中で手指の細かい動きを取り入れた微細運動の訓練、物の貸し借り、お友達同士のコミュニケーションなど、社会性や子ども達自身の成長に繋がるように支援してまいります。

 

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから

http://www.first-scene.jp/

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

「ファーストドリーム」3/21(火)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム上一色」の3月21日(火)は、クッキングで「パニーニ」を作りました。

ハム、レタス、チーズを切った食パンで挟むという料理でしたが、子ども達はサンドウィッチを作っていると勘違いしている様子でした。

しかし、ホットプレートを出し、スタッフが見本で作った物を焼きだすと、みんな興味を持って出来上がりを見守っておりました。

「パニーニって知ってる?」って子ども達に聞くと「知らない」という答えがほとんどでした。

いろんな食べ物を知っていくということも子ども達にとってとても重要なことだと考えております。

クッキングの活動だけではありませんが、子ども達には幅広く様々なものを提供していきたいと考えております。

様々なものを提供し、子ども達には自分の好きなもの興味あるものを見つけていってもらい、その延長線上に子どもが将来なりたいものや夢、目標などをみつけていってもらえればと思っております。

今回のパニーニは子ども達に大好評で野菜が嫌いだという子も、レタスもちゃんと挟んで作っておりました。

みんな美味しそうに食べてくれ、余ったレタスを食べたいと、レタスも全て売り切れになりました。

このようにファーストドリームでは野菜に対しての抵抗感をなくしていけるような、クッキングの活動を行ってまいります。

 

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから

http://www.first-scene.jp/

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

「ファーストドリーム」3/20(月)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム新堀」の3月20日(月)は、課外活動で江戸川区にある富士公園に行きました。

富士公園にはアスレチックや、そり遊びができる斜面などがあり、ファーストドリームの子ども達にも人気の公園です。

以前行ったことのある子は、また富士公園に行けるということで喜んでいる様子でした。

富士公園の中でも人気があるのがそり遊びです。

今回は公園に行く前に、そり遊びがしたい子には段ボールを使って自分のそりを作ってもらいました。

自分オリジナルのそりが作れるとあって子ども達も一生懸命作っている様子が見られました。

そういった中でも、段ボールは限りがあるため、みんなで分け合って使うことや、車に乗せての移動の為、車に入らないものは作らないというルールを伝え、守ってもらいました。

ルールを伝えたことにより、「〇〇くんこっちの段ボール使ってもいい?」など相手のことを考えた作業ができました。

自分のことだけでなく、相手のことを考えた行動。これは社会性を身につけるのにとても重要な事であると思います。

子ども達が大好きな公園に行ってそり遊びをする、そのための自分用のそりを作るという楽しい作業の中に、ルールを守る、相手のことを考えて行動するといったソーシャルスキルトレーニングを取り入れることで、社会性を身につけていってもらいたいと考えております。

公園では自分で作ったそりで楽しそうに遊ぶ姿が見られました。楽しみながら社会性を身につけられるような活動を今後も続けていきたいと考えております。

 

 

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから

http://www.first-scene.jp/

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

「ファーストドリーム」3/18(土)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム瑞江」の3月18日(土)は、課外活動で今井児童交通公園に行きました。

今井児童交通公園はゴーカートや自転車を借りて、遊びながら交通ルールを学べる場所となっています。

子ども達は自分から乗りたい乗り物を選び、続々と出発していきました。

普段は不注意から誰かとぶつかってしまうことがある子でも、乗り物に乗ると気が引き締まるのか、ちゃんと周りを見ながら、交通ルールを守って楽しそうに運転していました。

運転があまり上手でない子にはスタッフがついていたのですが、年上の子が自ら後ろから付いて行ってあげる場面も見られました。

また、レインボーサイクルという二人一組で乗る空中自転車が大人気でした。身長制限があるのですが、低学年の子が、身長の制限にかからない高学年の子を誘ったりする様子も見られました。

今回の課外活動では、子ども達同士の関わり合いが多く見られました。

同じ教室にいる子同士、自然にコミュニケーションをとることが出来るようになっていて、とても成長を感じる事が出来ました。

学年の違う子にたいして自らコミュニケーションをとっていくのは、初めは緊張する事だと思います。

しかし、それが出来るようになるという事は間違いなく成長している証だと思います。

これからもファーストドリームでは、自然なコミュニケーションがとれるように療育を行ってまいります。

 

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから

http://www.first-scene.jp/

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

「ファーストドリーム」3/17(金)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム新堀」 の3月17日(金)はソーシャルスキルトレーニングの一環で「ルールを決めよう」を行いました。

今回は、『ファーストドリームでの過ごし方』のルールを皆で話し合って決めました。

4月からファーストドリームの一員になる新一年生の皆さんが安心して過ごせるようにという思いも込めて皆一生懸命考えてくれました。

「ファーストドリームに来たら、手洗いうがいをする!」

「勝手に屋上に行かない!」

「外には先生と行く!」

「ロッカーの上にのぼらない!」

「先生の部屋には入らない!」

「お茶を飲みたい時には先生に言う!」

などと、沢山の意見を出してくれました。

ある女の子は、皆で考えた意見を紙にまとめて書き、お約束ブックを作ってくれました。

「大切な事は青色で書いておいたよ!」と工夫をしてとても素敵に仕上げてくれました。

「印刷をして皆に配ろうよ!」という素晴らしい提案もしてくれました!

また、ある男の子は「これを新しく入ってくる一年生にも見せてあげようよ!」という立派なお兄さんとしての意見を出してくれました。

スタッフが「そうだね!皆もお兄さん・お姉さんになるんだもんね。新しいお友達にも優しくお約束を教えてあげてね。」と言うと、「うん!」と元気なお返事が返ってきました。

自分の意見を言う事は、とても勇気がいる事だと思います。

しかし、周りが「ちゃんと聴いているよ。」という姿勢で聴き、子ども達が意見を言いやすい雰囲気を作る事で安心して自分の気持ちを伝えてくれるようにもなります。

また、意見が言えたら「そうだね!素敵な意見だね!」と意見を伝えてくれてありがとうという気持ちで共感する事がとても大切です。

実際に本日の活動でも、スタッフが共感する事で自信を持ち、次々と意見を伝えてくれるようになりました。

ファーストドリームでは、今後も子ども達が主体的になって取り組めるような活動を考えてまいります。

 

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

「ファーストドリーム」3/16(木)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム新堀」 の3月16日(木)は工作で紙皿フリスビーを作りました。

今回の工作は紙皿と輪ゴム、割りばしだけの簡単な工作でした。

それでも輪ゴムと紙皿を使って飛ばすことは技術を要し、手先が不器用な子には飛ばすのは難しい様子でした。

なかなか飛ばすことができない子はそれだけで気分を害してしまい、「もうやらない」という風になってしまいました。

それでもスタッフが手を取り、飛ばし方をレクチャーをすることで、徐々にコツを掴んでいき、最後には自分で飛ばすことができました。

そういった難しいことに挑戦し、「できた」という経験は子どもにとってはとても重要なことだと考えております。

出来ない子にはスタッフが手を差し伸べることによって、できなかった経験をできる経験に変えていき、子ども達に満足感、更には自己肯定感を与えていけるような療育をこれからもしていきたいと考えております。

一人では飛ばすことができなかった子も、スタッフと一緒にやったことで飛ばせるようになり、その後みんなと一緒に飛ばし合いっこを楽しくすることができました。

ファーストドリームでは今後も子どもたちの「できない」を「できる」に変えていけるような活動を行ってまいります。

 

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/