「ファーストドリーム」10/28(金)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪

「ファーストドリーム瑞江」では10月28日(金)は文化的活動で『水晶探し(水晶割り)』を行いました。

晶洞(しょうどう)という水晶を使い、トンカチを使って水晶を割ってみようという活動です。

水晶を初めて見る子ども達もたくさんおり、それを実際に見て触って、割って中身を自分で割って知ることが出来るというのは、子ども達にとって未知の体験でした。

1477664336607 1477664364842

水晶を箱から取り出し、子ども達に見せると、『なにこれ?』『変な形の石!』などと水晶に対して怪しいものをみるような、表情を浮かばせておりました。

でも、『これ、水晶なんだよ!それで、この水晶をみんなで割るんだよ!』と言うと、子ども達は『やだー!こわい!』と少し怪訝な表情をする子、『やってみたい!楽しそう!』と表情をきらきらさせながら水晶に手を伸ばしてくれる子など、みんなさまざまな表情を浮かべていました。

いざ、水晶を割ろう!とトンカチを手にすると、子ども達は緊張しながらもどこかわくわくしていて、でもとっても真剣な表情を浮かばせながら、『えい!』と水晶に向かってトンカチを振りおろしていました。

最初はなかなか力が入れられず『全然割れないー!』『出来ないよ』などと苦戦している様子でしたが、だんだんコツがつかめてくると、『あ、色が変わってきた!』『もうすぐで割れそうだよ!』などと顔を輝かせながら力いっぱい水晶と向き合っていました。

1477664340979 1477664329661

そしてついに石が割れると最初は怪訝な表情を浮かべていた子も、緊張していた子も、みんなとっても嬉しそうに『割れたよ!』『すごい!なんか出てきた!』などと、自分の力で水晶を割れた達成感、初めて目の当たりにする水晶の中身に興味津々な様子でした。

中には他の子が水晶を割っているときに『もっと強く叩いてみなよ!』『もう少しで割れそうだよ!』などと水晶割りを通して自然と声を掛け合い、教室全体がとても和やかな雰囲気に包まれておりました。

自分で割った水晶はみんな『持って帰る!』ととても大切にされている様子で、水晶割りはみんなにとってとても貴重な経験になったようでした。

活動を通して初めてのものに触れ、体験するということは子ども達にとって五感や感性を養うことの出来るとても大切な機会と感じます。

そして体験するだけでなく、その活動を通してお友達との関わり合いが増え、水晶を最後まで自分で割るということの達成感なども十分に感じてもらえたのではと思います。

ファーストドリームではその他にもソーシャルスキルトレーニングや工作、クッキングなどさまざまな活動を行っています。

どれも子ども達の五感や感性を養うだけでなく、お友達との交流を広げるチャンスの場だとも思います。

1477664353878

そんな空間作りをこれからも様々な活動を通してファーストドリームは行っていきます。

 

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中