「ファーストドリーム」5/21(土)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28521日(土)「ファーストドリーム瑞江」では、大切な人への贈り物をテーマに保護者様のご見学会を兼ねたイベントを開催しました!




普段からご飯を作ってくれたり、掃除をしたりと家事をこなし、自分の学校のこと、宿題のことまで面倒を見てくれるお母さんに感謝の気持ちを込めて贈り物をしようと活動を行いました。



その活動を保護者様にご見学頂き、ご見学に来てくださった保護者にはその場で贈り物をプレゼントして、感謝の気持ちを表現することを目標に活動を行いました。



本日のイベントの内容は以下の内容です。

①始まりの会

②公園へ行こう(瑞江の森公園)

③昼食

④工作(カーネーション作り)

⑤クッキング(チョコレートパフェ作り)

⑥チョコレートパフェを食べる

⑦絵本の読み聞かせ

⑧終わりの会



という流れで行いました。

保護者様には④のカーネーション作りからご見学頂けるように致しました。




午前中は、少し長い距離を歩いて公園までお出かけをしました。

遊びたい気持ち、楽しくて高ぶる気持ちを抑えることが難しい子ども達にとっては、公園までのお散歩も立派なトレーニングになります。



車通りの少ない道を選んで公園まで出掛けましたが、走り出したい気持ちを抑えてみんなと安全に公園まで行けるように先生がサポートしました。

出掛ける前にも道路を歩くときのルール、交差点では止まる、道路を走らない、大人と手を繋いで歩くなど説明し、実際に道路で走り出してしまった子はすぐに捕まえて、どうして走ってはいけないのか、どうすれば良かったのかを子どもの目線に立って繰り返し話をしながら公園までお散歩しました。




公園ではいつも通り思い切り走り回ったり、遊具で遊んだりとお友達とたくさん関わって遊んでいました。



そして午後の工作では、上手く出来ない子に「こうやったら、上手く作れるよ!」とアドバイスをしてくれる子もいて、どの子も思い思いのカーネーションを作ることができました。

さらにはメッセージカードも作って、日頃の感謝の気持ちを手紙にしました。



気持ちの表現、言葉にすることが苦手な子も手紙にすることで気持ちを整理して、自分の気持ちが表現できるようになります。

すぐに改善されるわけではありませんが、こういったことを繰り返し行うことで、次第に自分の気持ちを伝えられるようになってもらうことを目指しています。




クッキングでは、子ども達の大好きなチョコレートパフェを作って仲良くみんなで食べました。

クッキングと言ってもアイスやチョコスプレーを盛り付けるだけの簡単なものですが、お友達同士で行うことで、子ども達同士のコミュニケーションが生まれたり、スプーンを取ったり、それ貸してと社会性のトレーニングにもなります。



この日のイベントには子ども達、保護者の皆様、利用してくれている子ども達のきょうだいもたくさん参加して頂き、とても楽しい活動となりました。

ご参加頂いた保護者様同士の交流や私達スタッフも保護者様と情報交換させて頂ける良い機会となりました。



これからも定期的にこういったイベントを開催していきます!



■ファーストドリームのフェイスブックはこちら!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちら!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/

 





広告

「ファーストドリーム」5/20(金)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



「ファーストドリーム新堀」では520()はソーシャルスキルトレーニングとして『ファーストドリームに来たら』ということで、ファーストドリームでのお約束をもう一度おさらいしました。




ファーストドリームでは来所したら、まず学習をするというルールがあります。

学校の宿題がある子は宿題に取り組み、宿題がない子はファーストドリームで用意した学習プリントに取り組んでもらっています。

そして活動までの時間、学習が終わった子は好きなおもちゃで遊んだり、屋上に行って身体を動かしたり、子ども達が自由に遊べる自由時間になっています。




多くの子はしっかりと学習する習慣がついております。

しかし、中には遊びたい気持ちが優先してしまい、宿題を後回しにしてしまう子もいます。

なので今回、改めてみんなに学習面をメインにファーストドリームのお約束を紙芝居を用いて、みんなで復習しました。




紙芝居にしたことで子ども達も興味を示してくれ、みんなしっかりとスタッフの話を聞いてくれました。

「屋上や公園に行くのは宿題が終わってからだよ」ということもしっかり伝わってくれました。

この日はみんな活動前に宿題を終わらせることが出来ていたので、活動後、子ども達の「公園に行きたい」というリクエストにこたえて、少しの時間公園で遊びました。



少しの時間しか公園にいられないので遊び足りないと感じてしまう子もいるかな?と思っていたのですが、帰る時間になりスタッフが「帰るよー」と声をかけると子ども達はすぐに車に乗ってくれました。

これも事前にファーストドリームのお約束をみんなに説明した成果が現れたのだと思います。




宿題などの学習面で課題を抱えている子は多くいらっしゃいます。

ファーストドリームでは、マンツーマンの指導が必要な子にはマンツーマンの指導を、学習の基礎問題の段階でつまずいている子には、その子に合った教え方をいろいろな角度から考え、子ども達の学習意欲を少しでも上げられるように取り組んでおります。



以前は全く学習に取り組まなかった子が、最近では来所してすぐにプリントに取り組めるようになるなど、療育の成果も見ることが出来ております。

「遊」をテーマにする新堀スクールでも、学習面での療育も引き続きしっかりとファーストドリームでは取り組んでいきます。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちら!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちら!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/

 





「ファーストドリーム」5/19(木)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28519日(木)は工作活動を行いました。

この日は、とても簡単に作ることが出来る「ゆらゆら水族館」です!



作り方は、

紙皿2枚のうち1枚の中心部分を切り取る。

切り取った紙にお魚の絵を描き、色を塗って、紐で吊るす。


この日の活動では、子ども達に達成感を感じてもらえるよう、作業工程を少なくした活動にしました。

何かを作るということは子ども達にとって良い経験になります。

いつもゲームや漫画を読んで遊ぶのではなく、自分の手で何かを作ることで、子ども達の創作意欲を高めたり、自分にもできた、やりきったと達成感を感じてもらうことで自己肯定感を高めたりすることに繋がります。




実際に作り方を説明する際に、先生が作った「ゆらゆら水族館」を見せたら、「きれい!」と興味を示していました。




上手に作れるか緊張している子どももいましたが、工作活動が始まるとみんな真剣な顔つきに変わり、一生懸命に作りはじめました。

使用するものとして、鉛筆、色鉛筆、ハサミを用意してありましたが、お友達に「貸して」と言えたり「いいよ」と言って貸したりすることができたので、「上手に貸し借りできたね!」と褒めてあげました。また、自分から「貸して」とうまく言えない子どもにも貸し借りの様子を見せることで、こうすれば仲良く使えるよと他の子をお手本に物の貸し借りができるように教えてあげることもできました。




また、ハサミを使用する時にも、事前に「人に向けない」「ふざけない」「使ったら元の場所に戻す」などの注意事項をしっかり伝えることで、悪ふざけをする子どももいませんでした。




この日は、色鉛筆やハサミを独占したりする事がなく、仲良く工作活動を行うことができました。これからもこのような活動を通して、順番を守って物を使う、細かい作業のトレーニングを行うことを積み重ねていくことで子ども達に次第に定着させていくように療育を行っていきます。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちら!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちら!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/

 





「ファーストドリーム」5/18(水)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



「ファーストドリーム新堀」では518()はクッキング活動をしています♪



最近はスイーツ系のレシピが続いていましたが、本日はおかず系のレシピで餃子の皮で『ハムチーズサンド』を作りました!




【作り方】


餃子の皮にハムとチーズ(グラタン用の細かく刻んだチーズ)を乗せる。ハムはスライスハムを4分の1に切っておきます。チーズは多く乗せるとチーズがはみ出してしまうので、適量を乗せる。


①のハムとチーズを乗せた餃子の皮を丸める。ポイントは、餃子を作る時と同じように皮に水を少々つけて丸めると、上手くくっつきます。


②で丸めた餃子の皮をホットプレートで焼いて、チーズが程よくとろけたら出来上がり♪餃子の皮は焦げやすいので火加減の調整を忘れずに!!




餃子の皮は小さく、具材を乗せて丸めようとすると上手く丸まらず、悪戦苦闘している子もいました。


しかし、料理は形が全てではありません。


「ある程度丸まっていればいいよ!」と、スタッフがお手伝いしつつクッキングを進めていきます。




ホットプレートは油を使うので危険であったり、温度調節が必要であったりと子ども達には少し難しかったので、先生が代わりに焼きました。

子ども達は先生がサンドイッチを焼くのを見ながら、焦げ目が付き、おいしそうな香りがするのを興味津々で眺めていました。




サンドイッチを食べた感想は「美味しかった!」、「もっと食べたい!」等、とても好評でした!


ハムとチーズは子ども達の大好きな具材でもあり、美味しそうに食べてくれました♪



本日のクッキングは具材を変えるだけで、たくさんの種類のものが楽しく作れる点がお勧めです!


簡単なレシピで自宅でも作れるため、皆さんも試してみて下さい。


子ども達もスクールで一度作ったものを、自宅でも作り、お母さん、お父さんに褒めてもらうことで、自信がついて「もっとやりたい!」「他のものも作ってみたい!」と前向きな気持ちを育むことができます。



これからも料理に興味が向いてもらえるようクッキング活動をしていきたいと思います。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちら!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちら!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/

 





「ファーストドリーム」5/17(火)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



「ファーストドリーム瑞江」では517()はソーシャルスキルトレーニングとして『トラブルがあった際、「ごめんね」が言えるようになろう』という目的で活動を行いました。



嫌な事はいやだと言えることは自己主張の一環としてとても大事なことです。

また、自分の思いだけを主張しても角が立つのが人間関係の難しいところでもあります。そして、自分でもそんなつもりではなかったのにお友だちを傷つけてしまい申し訳ない思いをすることもあります。



素直に「ごめんね」が言えること。大人でもなかなか難しく、バツの悪い気恥ずかしい思いのする瞬間ではありますが、だからこそ「ごめんね」が言い合えた後に訪れた時は明るく、より楽しく、より素直にお友だちと関わっていけるのだと思います。




難しい内容のソーシャルスキルトレーニングでしたが、分かり易く伝えるため紙芝居を読み、物語の中で疑似体験することで理解を深めました。




ただ紙芝居を読むのではなく、一通り読み終わった後に場面を振り返り「この時はどんな思いだったのだろう」「あの時はどうすれば良かったかな」と皆で一緒に考えました。



様々な意見がありました。「お話は良く分かるけど、恥ずかしくて言えないな」「ぼくもあの時ごめんね、が言えたらよかったな」「ごめんね、が言えるとかっこいいね」などなど、それぞれ感じることがあったようです。

感じたことは大事な宝物になります。

間違った答えなど一つも無く、皆の意見を総合し「ちょっと勇気を出して『ごめんね』を言おう」という結論になりました。




ソーシャルスキルトレーニングが終わった後、些細なトラブルがありました。

自分が先に進みたかったのに相手が先に進んでしまい相手がいやな思いをする言葉を言った、というトラブルでした。

悪口を言った子どもは「やってしまった」と思った様子で下を向き、少し考えて「ごめんね」と言っていました。謝られた子も「いいよ」と直ぐに仲直りしていました。



ソーシャルスキルトレーニングが直ぐに功を奏すわけではなく、その子の元々持っていた力でもあると思います。

ですが、それを見ていた周りの皆は「すごいね」「『ごめんね』っていいね」とある意味でよい振り返りができた様子でした。



怒られたから反射的に謝る「ごめんなさい」ではなく、自分の思いを素直に相手に伝え、相手の思いをしっかり聴き、その上で素直に言えた「ごめんなさい」はとても意味のあるものであると思います。



なにかあったら、共に立ち止まり・共に考え・共に進んでみる、そういった療育を繰り返しながら大事なことを自ら気付いていけたらと思い、これからも療育を行ってまいります。




■ファーストドリームのフェイスブックはこちら!

http://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちら!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワークの公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/

 




「ファーストドリーム」会議

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



先日、ファーストドリームで全社員が一堂に会し、ファーストドリームを利用してくれている子ども達の療育方針などを確認するための会議を行いました。

今回の会議では、「ファーストドリーム瑞江」「ファーストドリーム新堀」と2つのスクールで働く先生が集まって会議を行いました。




普段からそれぞれのスクール毎に、日々の振り返りや個々の子ども達への支援目標、療育内容の話し合いは設けておりますが、それとは別にファーストドリームでは今回のように2つのスクール合同で行う会議も定期的に開催しております。



会議では「ファーストドリーム瑞江」「ファーストドリーム新堀」それぞれのスクールの児童発達管理責任者、管理者からスクール全体の現状と今後の展開について話がありました。



ファーストドリームには、療育にあるテーマを掲げています。

それは「学・遊・働(がく・ゆう・どう)」です。

「ファーストドリーム瑞江」では「学」、「ファーストドリーム新堀」では「遊」、そして次に展開する予定の「ファーストドリーム上一色」では「働」をテーマにしています。




そこでそれぞれ3つのスクールの責任者から、「学・遊・働」をいかに実現していくかの話がありました。



「ファーストドリーム瑞江」では、「学」をテーマに子ども達の可能性や選択肢の幅を広げるための療育を行っていきます。



例えば、生まれてから牛丼とラーメンしか食べたことがない人がいたとします。

その人に「何が食べたいか」と尋ねても、他の食べ物を知らないので牛丼かラーメンという答えしか返ってきません。

しかし、世の中にはもっとたくさんの食べ物がありますし、この人にとっても牛丼やラーメン以上に好きなもの、夢中になれるものがあるかもしれません。

もしもこの人がハンバーグやカレー、オムライスなどいろんな食べ物を食べたことがあれば、食べたい料理もそれだけ選ぶことができます。



子ども達の将来もある意味これと同じだと思います。

子ども達に書道やピアノ、英語にそろばんと様々なことを経験する機会を持ってもらい、たくさんの可能性を育んでもらいたいと思っています。

その中から自分の好きなものを選び、伸ばしていくことで将来社会に出て働くときに大きな力になると信じています。




「ファーストドリーム新堀」で掲げている「遊」では、遊びを通じて子ども達に社会のルールやマナーを学んでほしいと考えています。

家で一人でゲームをしていては身に付けることのできない人との距離感や対人スキルを、集団で遊ぶことの中から身に付けてほしいと思っています。



皆さんも子どもの頃、公園でよく鬼ごっこや砂場遊び、野球やサッカーなどした経験はないでしょうか?

こういった遊びを通じて自分勝手ではなく、ルールの中で人と付き合うこと、どうすれば相手とうまくコミュニケーションが取れるかを自然と学んでいったと思います。



「ファーストドリーム新堀」には、遊具を置いて遊ぶことのできる屋上やすぐ近くに公園があり、子ども達が思い切り遊べる環境が整っています。

こういった環境でのびのびと楽しく遊び、人との関わりを学んでいってほしいと思っています。



最後に「ファーストドリーム上一色」の「働」では自分の為だけではなく、誰かの為、社会の為に何かをしたい、社会の為に何かをすることに喜びや楽しさを感じられる心を育んでいきたいと考えています。



例えば植物や野菜の栽培、収穫や動物の飼育、時には公園のゴミ拾いなどを通じて、誰かの為に何かをすることを学んでほしいと思っています。

「ファーストドリーム瑞江」や「ファーストドリーム新堀」でも行っているプログラムもありますが、「ファーストドリーム上一色」ではより「働」に特化して療育を行っていきます。



会議では、「学・遊・働」の発信の他にファーストドリームを利用してくれているそれぞれの子ども達への個別的な支援方針などを話し合いました。


「ファーストドリーム瑞江」から「ファーストドリーム新堀」へ「ファーストドリーム新堀」から「ファーストドリーム瑞江」とお互いのスクールの子ども達に対して、意見交換を行いました。



働いている先生がそれぞれ違う方向を向いていては子ども達も混乱してしまいますし、良い療育を提供できるはずがありません。

その為にファーストドリームでは、今回のような会議を定期的に開催しております。

子ども達の未来の為、将来の為、ファーストドリームはこれからもより良い療育を目指していきます。





■ファーストドリームのフェイスブックはこちら!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちら!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワークの公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/

 





「ファーストドリーム」5/16(月)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



「ファーストドリーム新堀」では516()は文化的活動の一環で奉仕活動を行いました♪



奉仕活動の内容は近所の公園のゴミ拾いです。

普段よく遊びに使わせてもらっている新堀スクール近くの瀬戸口公園をキレイにしようと子ども達はみんな頑張ってゴミを拾ってくれました。




しかし、瀬戸口公園はとてもキレイな公園でゴミがあまり落ちていませんでした。

それでも子ども達はベンチの下や公園の隅などにゴミを見つけ一生懸命キレイにしてくれました。



今回の奉仕活動では、子ども達に社会の為、誰かの為に何かをすることを学んでほしいと思って、活動を行いました。




社会に出て、働くということは少なからず、社会の為に貢献することになります。

自分の好きなことだけをやっているわけにはいかないんです。




誰が捨てたかわからないゴミを拾うことは、誰しもがやりたくないことだと思います。

しかし、今回の奉仕活動のような活動を通じて、社会の為、誰かの為に貢献することに楽しさや喜びを感じてもらうことで、将来社会に出たときも同じ気持ちで働けるようにと願いを込めております。




ゴミ拾いを終え、教室に戻るとゴミ拾いの成果なのか、教室の中もキレイにしてくれる子もおりました。

テーブルを拭いてくれる子や、ロッカーなどをキレイにしてくれる子、みんな今日のゴミ拾いを通してキレイ好きになってくれたようです。



今日のゴミ拾いの活動を通して子どもたちはキレイ好きになってくれましたが、これが今日だけではなくこれからも

『ゴミが落ちてたら拾う』

『ゴミのポイ捨てをしない』

そんな当たり前のことが子どもたちの中に身に付くよう今後もファーストドリームでは療育していきたいと考えております。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちら!

http://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちら!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワークの公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/