「ファーストドリーム」2/17(水)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28217日(水)は、自分の気持ちを相手にうまく表現するトレーニングとして、みんなで手紙を書きました!



得てして、自分の気持ちをうまく表現するのが苦手な子ども達は、言葉よりも文字の方が自分の気持ちをうまく表現できます!

その中でも手紙を読む相手を限定して選ぶことで、子ども達にとっても気持ちを表現しやすいようにしました!



この日の活動では、手紙を書く相手は子ども達が知っている人に限定し、自由に選んで良いこととしました。

そうしたことで子ども達がイメージしやすくなり、やる気が出て、「誰に書こうかな?」「何を書こうかな?」と楽しく活動に参加することができました。



お父さん・お母さんに向けて書く子ども、お友達に向けて書く子ども、中にはファーストドリームの先生に向けて手紙を書いてくれる子どももいました!

これには先生も感動です!



さらには、ひらがなや漢字の読み書きが苦手であったり、鉛筆がうまく持てない子ども達もこのような楽しい活動を通してであれば、学校の宿題などの勉強に比べて、抵抗感なく、ひらがなや漢字の読み書きの練習をすることもできます。



ファーストドリームでは、一つの活動において、気持ちを表現するという一つの目的だけでなく、常に2つ3つの要素を取り入れております。

そうすることで、一つの活動の中で結果を出すことを念頭に、一人一人の子どもの複数の課題に同時に支援を行えるようにしています。



もらった人のことを考えて手紙を書く、相手の気持ちを考えて何かをするということを通して、子ども達には将来社会に出たときに自分のことだけでなく、相手のことを想える大人として、社会で活躍できる人になって欲しいと思います♪





■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/








広告

「ファーストドリーム」2/16(火)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28216日(火)は社会性を育むトレーニングであるソーシャルスキルトレーニングの一環として、「嫌な気持ちになった時にどうすれば良いか?」を子ども達と一緒に練習しました。





例えば、工作活動や遊んでいるときに自分の思い通りにうまくできなかったとき、お友達に嫌なことを言われてしまったときに自分の気持ちをうまくコントロールできずにパニックになってしまった際に、どの様にして気持ちを落ち着けるかをロールプレイをしながら、練習しました。



まずは、スタッフが嫌な気持ちになってしまったときにパニックになってしまう子ども、うまく自分の気持ちをコントロールできた子どもを劇にして、見本を見せました。



ただ言葉で伝えるよりも、わかりやすいシチュエーションを使って子ども達に見せることで、パニックになってしまう子どもとうまく気持ちをコントロールできた子どものどっちが良いかを視覚的にわかりやすく伝えました。



そのあと、子ども達に「みんなだったら、嫌な気持ちになった場合、どうすれば気持ちを落ち着けられる?」と自分達でその対処方法を考えてもらいました。



子ども達からは「静かなところに行って、深呼吸する」「1~10までゆっくり数えてみる」「先生(大人)に伝える」など、様々な意見が出ました。



自分達で考えることで、「嫌な気持ちになる→パニックになる→気持ちを落ち着ける行動をする」という一連の流れが、子ども達の中でより強く印象付けられます。


すると今まではパニックになってしまい、自分では気持ちをコントロールできなかった子どもも少しづつ気持ちをコントロールすることができるようになるんです。



もちろん一度や二度行っただけですぐに改善するものではありません。



ファーストドリームでは、気持ちを落ち着けることをクールダウンと呼んで、いろいろなシチュエーションを用いながら、子ども達と一緒に、繰り返しクールダウンの練習をしています。



繰り返し行うことで、パニックになったらクールダウンするというのが、子ども達に自然と身に付き、その結果自分の気持ちをうまくコントロールすることができるようになるんです。



ここで大切になるのが、何か一つでもできたら、しっかり褒めてあげることです。


クールダウンできた、クールダウンの方法を考えることができたなど、できたことをしっかり褒めてあげることで、そのことが子ども達にとって良いことだと印象付けられ、それが子ども達にとっての成功体験として、身に付いていくんです。



これからもファーストドリームでは、子ども達に社会で生きていく為に必要なスキルを学んでもらうため、様々なソーシャルスキルトレーニングを行い、夢に向かって社会に羽ばたける子を育んでいきます。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/






「ファーストドリーム」2/15(月)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28215日(月)は工作活動を行いました。



ファーストドリームでは、どこにでもある材料を使って子ども達が作って遊んで、楽しめるような工作を考えて、活動に取り入れております。



なぜなら、ファーストドリームで作成した工作と同じようなものをご家庭でも再現してほしいからです。


子ども達がご家庭で同じものを作り、それを保護者様に見せて、褒めてもらうことで子ども達が自己肯定感を強め、自分に自信を持つことで自分の感情をコントロールできるようになることを目的としております。



今回は、段ボールと紙を使った魚釣りを工作し、みんなで遊びました。


紙でいろいろな魚を作って用意し、段ボールで作った池に並べて、簡易釣り堀を作成しました。

また、厚紙で釣り針を作り、それに糸を付けました。



この日の子ども達に行ってもらった課題は釣り竿作りです!



紙を丸めて棒を作り、その棒に折り紙を張り付けたりして思い思いの装飾を施しました。


そこに、釣り糸と釣り針をつけて釣り竿の完成です。



中には釣り竿にリール(のようなもの)を付けてくれた工作上手もいました。



楽しく工作を行い、さらには自分で考えた飾り付けをすることで、子ども達の「自分でできた!」という想いを育み、自分からお友達とコミュニケーションを取るのが苦手な子どもでも自分からお友達を誘えるきっかけ作りになるように支援を行っています。



出来上がった釣り竿を使い、スタッフの用意した釣り堀で釣り大会です!



魚が好きな子どもは「サメが釣れたよ~」と喜んでいましたし、魚に興味のない子どもでも楽しめるように宝箱・たい焼きなど変わり種も入れることによって、興味がないから、面白くないから活動に参加しないという子どもが出ないように工夫した活動内容にしております。



それによって、全員が楽しく活動に参加することができ、子ども達同士の自然なコミュニケーションが生まれ、社会性を育む良いきっかけ作りになりました!



今回の魚には穴を開けて山折にするという方法で釣りが出来る様にしましたが、クリップを付けて、釣り竿の糸の先に磁石を付けるやり方もあり、ご家庭でも簡単にできます。



子ども達にとって、一度「やった」「できた」という成功体験を、さらに「お母さん、お父さんに褒めてもらえた」という達成感が更なる自己肯定感に繋がり、子ども達の発達に置いて、とても良い経験となると思います。



今回の工作活動に限らず、ファーストドリームでやったこと、経験したことを是非ご家庭でもう一度行って、褒めてあげてみて下さい。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http;//www.first-scene.jp/








「ファーストドリーム」2/13(土)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のフェイスブックページをご覧の皆様、こんにちは♪

平成28213日(土)は、11日(木・祝)と同様にバレンタインイベントを開催しました!

11日(木・祝)に参加できなかった子ども達・保護者様にも参加してもらえるよう、2日間に渡ってバレンタインイベントを行いました!

2/14(日)はバレンタイン♪ということで、みんなでチョコレートを作って大切な人にプレゼントをしようという企画です。

さらに、普段お子様がファーストドリームでどのように過ごしているのかを見て頂けるよう保護者見学会も合わせて行いました。

まずは、「大切な人への贈り物」というバレンタインに大切な人へプレゼントを渡す意義を子ども達に伝えるためのスタッフ劇を行い、その後はチョコレート作りをしました。

劇には子ども達も大好きなアニメのキャラクターを登場させるなど、子ども達が楽しめる内容にして、「ありがとう」の気持ちを伝える大切さを感じてもらいました。

その後、グループに分かれてガナッシュチョコレートを作りました。

午前中はアルミカップの内側にチョコレートを塗る作業をし、昼食後からは中身のガナッシュを作り、午前中に作ったチョコを塗ったアルミカップに詰める作業をしていきます。

アルミカップが小さいことや、絞り袋でチョコを流し込む作業等、手先の器用さが求められる作業を入れることで、子ども達にとっては良いトレーニングになったようでした。

また、この日は普段から家でお母さんとお菓子作りをしている子に他の子ども達の見本となって、率先してチョコレート作りをしてもらうことで、子ども達の間に信頼関係・協力関係が生まれる良いきっかけになったと思います。

最後に、大切な人へ贈るメッセージカードにメッセージを記入してもらい、箱に入れラッピングして完成♪

子ども達からは「楽しかった!」「思っていたようには、上手くできなかった」等、色々な声がありましたが、上手くできても、できなくても、グループで一緒に作ることで子ども達同士でコミュニケーションを取り、一緒に達成感を感じることで、普段は中々お友達とうまく関わりが持てない子ども達でも楽しくお友達と接することができる環境づくりをしました。


また、同時に開催した保護者見学会にお越し頂いた保護者様からは、ご家庭や学校での子どもの様子、保護者様や子ども自身が何を求めているのか、どのような療育を希望しているのかと言った話をすることができました。

ファーストドリームでは、こういった保護者様と直接お話しできる機会を大切にし、ご家庭とファーストドリームが一体となって子ども達の発達を支援していける療育環境を目指しています。

ご参加くださった保護者の皆様、誠にありがとうございました。

これからも、月に1度のペースでイベントを開催していく予定です。

イベントの開催時には今回のように保護者様に子ども達の様子を見て頂ける見学会も同時開催していきたいと考えています。

今回ご参加頂けなかった保護者様も、次回は是非お気軽にご参加ください。

■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」2/12(金)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪


平成28年2月12日(金)は工作活動を行いました!


ファーストドリームに通う子ども達はみんな工作が大好きです。

楽しい工作活動を通して、ものを順番に使う、お友達と協力して作業することの楽しさを教えたり、手先・指先のトレーニングを行ったりしています。


様々なトレーニングを様々なことを通して行うことで、ただ言葉で説明するよりも子ども達にとってより効果のある療育・トレーニングを行うことができます。


この日はみんなでヨーヨーを作りました!

紙を丸めたものに折り紙などを使って、各自好きな飾り付けをしました。

赤や青のシンプルなものからキラキラした折り紙を使ったカラフルなものまで、いろいろなヨーヨーが出来上がりました!


出来上がったものに輪ゴムを付けて、ヨーヨーにしてみんなで遊びました。

仲良く遊ぶことで自然と子ども達にもコミュニケーションが生まれ、普段は一人遊びをしている子どもも他のお友達と積極的に関わることができていました。

これもヨーヨーを作るところから全員で一緒に行ったおかげです。

このようにただ遊ぶだけでなく、何かを作るところから集団で行うことで、作って遊ぶという一連の流れを子ども達同士で共有し、より良い社会性のトレーニングになります。

今後も工作活動に限らず、クッキングや音楽、英語などのいろいろな要素を取り入れて、子ども達が自立した際に役立つ社会性を身に付けて

もらえるように支援を行っていきます。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/

「ファーストドリーム」2/11(木)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28211日(木)は祝日ということで、イベントを開催しました!



もうすぐバレンタインがあるので、みんなでチョコレートを作って保護者様にプレゼントをしようという企画です。




さらに、普段子ども達がファーストドリームでどのように過ごしているのかを見て頂けるよう保護者見学会も合わせて行いました。



まず「大切な人への贈り物」というバレンタインのプレゼントの意義をスタッフの劇で伝えました。


アニメのキャラクターを登場させて、子ども達が楽しめる内容にしつつ、「ありがとう」の気持ちを込めて大切な人へプレゼントを贈ることの大切さを知ってもらいました。



その後、グループに分かれてガナッシュを15個ずつ作りました。




チョコレートを湯せんで溶かしてアルミカップの内側に塗り、冷蔵庫で冷やし固めます。



小さなアルミカップの内側にチョコレートを塗るのは意外に難しく、手先の器用さのトレーニングにもなります。



大切な人へのプレゼントということもあり、みんな真剣に取り組んでいました。




チョコレートを冷やし固めている間はお弁当を食べたり、皆で仲良くゲームをしたりして遊びました。



昼食後に今度は中身となるガナッシュ作りです。



溶かしたチョコレートにバターと生クリームを入れ、それを絞り袋でアルミカップの中に絞ります。



みんな悪戦苦闘しながらも、「私がボールを抑えているから、バターと生クリームを入れて」など、みんなで協力しながら進めることができていました。




これはソーシャルスキルトレーニングの一環で、協力してお菓子作りをすることにより、自然とコミュニケーションを取り、お互いに協力する関係を作るためのきっかけ作りにしました。



最後は、星形やハート型のトッピングシュガーやカラフルなアラザンを飾りつけて完成です。




仕上げに、メッセージカードに大切な人へのメッセージを記入し、プレゼント用の箱に入れて出来上がり♪

いつもより難しい行程を敢えて入れることで、お互いに協力しながら作ることを促し、全員プレゼントを完成させることが出来、達成感を感じてもらうことで、また次もお友達と協力して何かをやろうと思わせる療育手法を用いて活動を行いました。


結果は、子ども達も保護者様もたくさんお越し頂き、大成功のイベントとなりました!!



ご参加下さった保護者様からは、「子どものいつもと違う姿を見ることが出来て良かった!」「息子が活動に笑顔で参加できているのを見て驚いた!」など、嬉しいお言葉を非常にたくさん頂きました。



また、イベント中はスタッフが普段ご家庭でどのようなことでお困りかをお聞きし、ご家庭とファーストドリームで問題を共有し、両者で解決できるように努めるお話し合いをしました。


今後もこのように保護者様とのやりとりを大切にし、ご家庭とファーストドリームの信頼関係を深めていきたいと考えております。

ご参加下さった保護者様の方々、大変ありがとうございました。



今後も、月に1度のペースでイベントを開催し、保護者様に参観頂く機会を設けていきたいと考えております。


今回ご参加出来なかった保護者様も次回は是非お気軽にお越しください!


■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/ 株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちら!

http://www.first-scene.jp/




「ファーストドリーム」2/10(水)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28210日(水)はファーストドリームにて、子ども達が楽しい時間を共有できるよう、ファーストドリームでのお約束(ルール)をソーシャルスキルトレーニング(SST)にて学習しました。



ソーシャルスキルトレーニングで社会のルールを学ぶことで、多動や衝動性の強い子ども達でも落ち着いて生活できるようになることを目的としました。



「ファーストドリームでのお約束」と場所を特定して行うことで、子ども達が理解しやすい内容で行いました。






今回は、トイレの使い方・マナーや、送り迎えの車に乗るときのお約束を題材に、療育トレーニングをしました。



イレを使った後にスリッパがバラバラになっていることがあります。




次の人が気持ちよく使ってもらうため、スリッパがどの向きを向いていることが適しているのか、スリッパの絵を使い、視覚から認識できるように工夫しています。



ただ「こうするんだよ」と教えるのではなく、「~だから、こうした方が良いんだよ」と理由を付けて説明することで、子ども達は抵抗感なく受け入れることができます。
衛生面では病気にならないためにも、トイレを出た後に手を洗うことがどれだけ重要であるかを説明し、習慣付けるよう指導しています。







車ではお友達とのお話に夢中になるあまりに大声で話してしまったり、目的地に着いたときに自分でドアを開けようとしてしまう子ども達に対して、大声で話すと運転している人や一緒に乗っている他のお友達が嫌な気持ちになってしまうことや、自分でドアを開けないことは子どもの安全面を配慮しているからだと理由から説明し、子ども達が納得感を持ってソーシャルスキルトレーニングに取り組めるようにしました。




子ども達からは「スリッパの向きはこうした方が履きやすいよ」「車では、先生がドアを開けてからシートベルトを外すんだよ」と、元気のいい発言が飛び交っていました。お友達同士で正しいマナーを身につけられる良いきっかけづくりにします。



今回、実施したソーシャルスキルトレーニングでは、ファーストドリームで子ども達が正しいマナー、常識を見につけてもらい、子ども達同士が気持ちよくファーストドリームを利用できるようになってもらうことも一つの目的ですが、ファーストドリームでのルールを守ることは社会で生活するマナーや常識と共通する部分でもあり、ファーストドリームのルールから社会性を学んでもらうための療育でもあります。



子ども達が学んだことは、学校や他の環境で活かしてもらえるように、同じルールでも様々なシチュエーションを用いて繰り返し教えることで子ども達に少しずつ定着させていきます。




■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/