「ファーストドリーム」2/26(金)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28226()は社会性を育むためのトレーニングであるソーシャルスキルトレーニングの一環として、「場面に合わせた声の大きさを学ぼう」を子どもたちと一緒に練習しました。





例えば、「先生宿題終わったよー!!」と大きな声で言ってきてくれる子もいます。

元気が良く、大きな声で教えてくれるのはうれしい反面、他にも勉強をしている子もいる中で大きな声を出すことが適切でないこともあります。



子ども達も大きな声が周りに迷惑になってしまうことはちゃんと理解しています。

しかし、子ども達は周りの状況よりも無意識に、自分を優先してしまい、悪気なく大きな声で話をしてしまうこともあります。

だからこそ、今回のようなソーシャルスキルトレーニングで場面、つまり周りの状況をまずは考えてみることを教えることで、場面に合った声の大きさを学ぶことができます。



まずは子ども達にもわかりやすいように、先生がロールプレイを行い、場面に合った声の大きさ、逆に場面に合っていない声の大きさを子ども達に見てもらいました。



見てもらうだけでなく、

「こんなに近い距離でこんなに大きい声だとうるさいよね?」

「こんなに離れた距離なのにこんなに小さい声だと聞こえないよね?」

など子ども達に投げかけ、考えさせることで、より子ども達に定着しやすいようにトレーニングを行いました。



そうすることで、子ども達も

「それじゃあ聞こえないよぉー」

「それだとうるさくて困っちゃうよ!!」

などいろいろな意見を言い合って自分たちで、どの声がちょうどいい声の大きさを考えることができていました。



また、動物のイラストを使った声の大きさの練習もしました。



例えば

ウサギさんなら『自分の心に聞こえる声』

ヒヨコさんなら『ひそひそ声』

犬さんなら『みんなに聞こえる声』

ライオンさんなら『大きな声』

と子どもたちに見せて

「電車の中ではどの声で喋る?」

などと子どもたちにいろいろな場面を想像してもらい答えてもらいました。



子どもたちは

「その場所ではヒヨコさんの声!」

などと楽しそうに答えてくれました♪



教室内でもたまに大声で騒いでしまう子どももいます。

そういった子が今後また騒いでしまう状況になった時に、

「ライオンさんの声になっているよ。ライオンさんの声だとみんな困っちゃうよ」

とスタッフが語りかけることによって今日やったことを思い出してもらい、落ち着いてもらえるキッカケになります。



また、みんなでトレーニングを行ったことで

子ども達同士でも

「車の中では、ヒヨコさんの声か犬さんの声で話そうね。」

と自分たち自身でも注意し合えるようになりました。



電車の中や病院の待合室で騒いでしまう子どもをよく見かけます。

そのような出来事は大人にも原因があるのかもしれません。

大人がしっかりと子どもに声の大きさを教えることによって、子どももしっかり理解できますので、ファーストドリームではこの様な活動を今後も続けていきたいと考えております。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワークの公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/







広告

「ファーストドリーム」2/25(木)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28225日(木)はリトミックを行いました!



集団行動に参加することが苦手な子ども達は、相手に合わせることが苦手であったり、何かの真似、誰かの真似をすることが苦手であることが原因の一つとして挙げられます。

音楽に合わせて、楽しく体を動かせるリトミックを通じて、他のお友達と一緒に同じ動きをし、人に合わせる、人の真似をするトレーニングを行うことで、ちゃんと集団行動に参加できるようになることを目指します。



子ども達は、音楽や体を動かすことが大好きです。

体を動かすことでストレスを発散することもできますし、子ども達が楽しめる内容にすることで子ども達が参加しやすい療育内容にしました。



はじまりの会で子ども達に今日の活動では、「音楽に合わせて体を動かしてみよう!」と発表すると子ども達からは、「楽しそう!!」という思った通りの反応が返ってきました。



活動では、「さんぽ(となりのトトロ)」「ロンドン橋落ちた」を子ども達と一緒に歌って踊りました。



「さんぽ(となりのトトロ)」では、スタッフのピアノの伴奏に合わせてスキップをしたり、歩いたり、走ったり、同じ曲でも明るくしたり、暗くして子ども達が自ら表現できるようにしました。

感情を表現できるような内容にすることで、感情のコントロールが苦手な子ども達にとって感情を上手に表現するトレーニングにもなるようにしました。



「ロンドン橋落ちた」では、お友達同士で手を繋ぎ、繋いだ手でアーケードを作るような動きを取り入れ、普段はお友達とうまく関われない子も自然とお友達と触れ合えるように考えて行いました。

こういった活動を通して、お友達と少しずつ仲良くなることで社会性の向上を目指しています。



この日の活動では、子ども達は本当に楽しそうで、みんなの表情も活き活きとしていました!



ファーストドリームでは、子ども達が楽しめることを通して、子ども達にとって最適な療育が行えるような活動を日々考え、実践しております。

これからも子ども達が一歩ずつ、着実に成長していけるように支援していきます!



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワークの公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/






「ファーストドリーム」2/24(水)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のフェイスブックページをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28224日(水)はみんな大好きなクッキングを行いました!



クッキングは作るのも食べるのも子ども達は大好きなので、様々な療育を行うのに適しており、ファーストドリームでは定期的にクッキングを行っております。



この日のクッキングではみんなでクレープを作りました!

クレープの生地はスタッフが焼いておき、子ども達にはクレープのトッピングをしてもらいました。



まずは子ども達にバナナを切ってもらいます。

ナイフを扱うので、事前にきちんと注意点を説明し、子ども達がケガをしないように注意して行います。



ここでは、きちんと大人の話を聞くこと、ナイフという危険なものを正しく使うことに気をつけるよう指導して行いました。

人の話を落ち着いて聞くことによって、社会のルールやマナーを学ぶことが出来ます。

危険なものを持って作業するので、気持ちが高ぶってしまったときに気持ちを落ち着けることも同時に教えます。



バナナを切った後は生クリームをクレープに盛り付けます。

生クリームを一人一人順番に使うことで、物を順番に使うことと次に使う人のことを考えさせます。

特に今回は、生クリームを使いすぎると最後の人まで順番が回らないということを教えました。



自分のことを優先してしまいがちな子ども達ですが、他の人のことをちゃんと考えることを教え、社会で必要な相手のことを思いやる気持ちを意図的に育てていきます。



最後にチョコスプレーでデコレーション!!クレープの完成です!

みんな上手に作ることができました!!

特に上手な子は本物のクレープ屋さんのようなクレープに仕上がりました!



出来上がったクレープはみんなで一緒に「いただきます!」をして、仲良く食べました。

子ども達はみんな「おいしい!」と大満足の様子でした。



クッキングや工作活動を通して、子ども達の自己肯定感を高め、自分に自信を持ってもらうことも子ども達への療育の中では非常に大切になります。

自分に自信がないから、ちょっとのことでも過剰に反応してしまったり、すぐに落ち込んでしまう、感情のコントロールがうまくできない、という子どもが多くいます。

そういった子ども達に達成感を感じてもらい、自分に自信をつけてもらうことが子ども達の成長に繋がります。



この日の活動では、時間の関係もあってクレープの生地は先生が焼きましたが、生地を焼くのもホットケーキと同じ要領ですので、ご自宅でも簡単にできます。



是非ご自宅でも子ども達と一緒に作ってみて下さい!

大好きなお母さん、お父さんと一緒に作り、さらなる達成感を感じることで、子ども達もより自分に自信が持てるようになると思います!



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-education-748271321948523/

※当facebookページはこちらから!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/










「ファーストドリーム」2/23(火)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のブログをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28223日(火)は工作活動を行いました。


2枚の紙をくるくる丸め、それをつなぎ合わせて輪を作り、思い思いの折り紙で装飾をした輪で、輪投げ遊びをしました!



紙を丸めて装飾するという簡単な作業を通じて、手先・指先のトレーニングをしつつ、作った後にみんなで仲良く遊べる工作活動にすることで、子ども達の中で自然とコミュニケーションが生まれるようにしました。



各々が作った色とりどりの輪を使って、先生たちが作っておいたイラスト入りの輪投げの台に順番に並んで、的に向かって投げました。



この順番に並ぶというのも、衝動性を抱えた子ども達にとっては落ち着くための良いトレーニングになります。

ファーストドリームでは、一つの活動の中に2つ3つの療育の要素を取り入れて活動を行っています。


輪投げも最初は力いっぱい投げてしまう子どももいましたが、先生が投げ方を優しく教えてあげると、次第にコツを掴んで的に入るようになってきました。

自分で作った物なのでみんなとても気に入ってくれ、夢中になって輪投げをしていました。



工作を通してハサミやのりなどの物をみんなで仲良く使うにはどうしたらいいか、順番を守って楽しく遊ぶにはどうしたらいいかを子ども達に問いかけ、考えさせながら活動を行いました。



子ども達からは、


100点に入ったよ」

「今3回やって350点なんだ」

という声も出ており、算数が苦手な子どもでも楽しみながら計算をすることができるようにという療育活動になっています。



これからも子ども達の興味があることを通してルールの大切さや他のお友達とどうすれば仲良くなれるかを学んでほしいと思います。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/






「ファーストドリーム」2/22(月)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のフェイスブックページをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28222日(月)はファーストドリームに新しいお友達が入ってくるということで、新しいお友達が少しでも早くファーストドリームでの生活に慣れるように自己紹介を取り入れたソーシャルスキルトレーニングを行いました!



新しく入って来たお友達は、ファーストドリームにどんなお友達がいるのか?お友達と仲良くやっていけるか?など色々と不安が広がります。



ファーストドリームのお友達がどんな子なのか、どんな遊びが好きなのかを知ることで、お友達と共通点を見つけ、関わっていくことができます。



この日の活動では、子ども達がスムーズに自己紹介できるよう「じこしょうかいカード」を用意しました。



他人と関わることが苦手であったり、自分のことを相手にうまく伝えることが苦手な子どもにとって、その場で考えて話すというのは意外と難しいことなんです。

話す内容をまず紙に書き、それを発信してもらうことで、子ども達も自分の気持ちや考えを整理できて、スムーズに自己紹介をすることができます。



さらに、より子ども達にこの日の活動の内容、意味をわかりやすく伝えるため「じこしょうかいカード」を作ってもらう前に、お手本として先生も「じこしょうかいカード」を書き、皆の前で発表しました。



子ども達は、先生の好きな遊びなど知ることができて嬉しそうでした。

先生の自己紹介を見て、子ども達にも自己紹介の意味や楽しさが伝わります。



その後、子ども達は熱心に机に向かい、「じこしょうかいカード」の作成に取り組んでいました・・・凄い集中力でした!!



しばらくすると、先生終わったよ!という声がたくさん聞こえてきました。



子ども達は、出来上がった「じこしょうかいカード」を使ってお友達同士でちゃんと自己紹介することができます。


また、ファーストドリームに新しく入ってきたお友達とも積極的に自己紹介をすることができます。
新しいお友達は、ファーストドリームに来たばかりの時は緊張した様子でしたが、他のお友達の好きな遊びなどを知ることができ、「私もその遊びやりたい!」と打ち解けた様子でした。



子ども達の中には新しい場所や新しい環境といった周囲の変化にうまくついていけない子もいます。

そういった子ども達に対して、どのようにすれば環境の変化に早く慣れることができるかを、今回は自己紹介を用いて練習しました。



子ども達はこれから中学生、高校生、大学生や社会人へと成長していく中で、環境の変化に対応する力はとても大切です。

今のうちから今回のソーシャルスキルトレーニングのような活動を通して、環境の変化についていける力を今後も養っていきます。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook/株式会社-Firstscene-education-74 8271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/








「ファーストドリーム」2/20(土)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のフェイスブックページをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28220()は課外活動を行いました。



ファーストドリームでは土曜日、祝日の活動は外で思い切り身体を動かすために公園に出掛けたり、博物館、科学館などに行き様々なものに興味を持ってもらう活動をしております。



本日は本来の予定であれば今井交通公園に行って子どもたちに思い切り身体を動かしてもらう予定だったのですが、あいにくの雨模様とのことで予定を変更し、東部図書館へお出掛けいたしました。



ファーストドリームでは、臨機応変に対応できるよう、常に2つ、3つの療育プランを用意しております。

さらにはその予定変更さえも子ども達にとって、意味のある療育ができる良い機会だと捉えています。



子どもによっては急な予定変更が苦手な子どもがいるため、そういった子にも優しく説明し、急な予定変更が起こった時にも自分で対処できるように、療育を行っています。



その成果が出て、最初は外で遊びたいと言っていた子も「図書館で◯◯の本読みたい!」など図書館に興味を持ってもらえ、図書館に着くとそれぞれ好きな本を選び静かに本を読むことができました。



普段は音読の宿題もやりたがらず、自分から本を読むことのない子でも、車や飛行機など、その子の興味のある本を一緒に探してあげることで、自分から自然と本を手に取り、夢中になって読んでいました。

自ら選んだ本を読むことによって、本を読むことに興味がない子や苦手だった子に、本に興味を持ってもらえる素晴らしい機会になったと思います。



図書館からの帰りの際、子ども達に

「本って面白いでしょ?」と尋ねると、子ども達は

「うん!!」と力強く頷いてくれました。



大人が無理やり本を勧めたり、読ませたりするのではなく、子ども達が自分で選んだ本を自主的に読むように誘導してあげることで、子ども達の本に対する興味関心を高めることができました。



本を読むことは将来社会に出た際にも、知識を付けるため、自らの視野を広げるためにとても大事なことです。

この日の活動では、本を読むことの大切さを知ってもらうための第一歩になったのではないかと思います。



今日の活動は盛りだくさん。図書館からファーストドリームに帰ってからは、ピアノを使って英語の歌をみんなで歌いました。

以前に英語の活動で行い、「またやりたい!」と子どもたちにも人気があったので、みんなで身体を動かし踊りながら歌いました。



これはリトミックを取り入れた療育の一つなんです。

子ども達の中には集団行動が苦手であったり、人に合わせて行動することが苦手な子どももいます。

音楽に合わせて体を動かすことで、「人の真似をする」「集団で何かする」ことに慣れ、そこに楽しさを感じてもらうことで、集団行動ができるように支援しております。



何回も歌うことで、子どもたちは英語の発音や意味もわかってきてくれています。

こうした繰り返しの学習が子どもたちにはとても大切です。



繰り返し行うことで英語の楽しさがわかってきたり、歌や踊りを覚えてきた子に他の子ども達に歌や踊りを教えてあげるよう指導することで、子ども達のコミュニケーションが自然と生まれ、社会性を育む良い療育となります。



これからも活動前の少しの時間を利用して子どもたちに身体も使って覚えてもらおうと考えております。



■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当fecebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/











「ファーストドリーム」2/19(金)活動報告♪

株式会社ファーストシーンエデュケーションが運営する「ファーストドリーム」のフェイスブックページをご覧の皆様、こんにちは♪



平成28219日(金)は、クッキングでポテトチップス、レンコンチップスを作りました!



普段おやつで食べているポテトチップスも実は自分達で簡単に作れるということを子ども達に知ってもらうことで、何かを作ることの楽しさを知ってもらおうと企画しました。



自分達で何かを作ることを通じて、自分でできたという達成感を子ども達に感じてもらい、自信をつけることで、自分の感情をコントロールし、他人と上手に付き合っていく社会性の向上に繋がります。



この日作ったジャガイモ・レンコンチップスは健康面にも考慮し、油を使わないノンフライのポテトチップス・レンコンチップスを作りました!



まずはみんなでスライサーを使って、ジャガイモとレンコンを薄くスライスしていきます。

スライスしたジャガイモ・レンコンを一度水にさらして、水気を切った後、薄く切ったジャガイモとレンコンをホットプレートや電子レンジで加熱します。



見た目がだんだんといつも食べているポテトチップスのようになってくると、子ども達からは、「すごい!」「おもしろい!」「早く食べたい!」と楽しそうな声が上がっていました!



中には過熱しすぎて、少し焦げてしまったものもありました。

しかし、失敗を経験するのも子ども達にはとても大切です。

失敗を経験することで、社会には自分の思い通りにはいかないこともあることを知ってもらい、失敗した時にも自分の気持ちをコントロールできるように療育します。



きれいに焼きあがったポテトチップス・レンコンチップスに軽く塩を振って完成です!



作った後は、自分達で作ったポテトチップス・レンコンチップスをみんなで仲良く食べます。

子ども達も大満足で、中には「いつも食べているポテトチップスよりもおいしい」といってくれる子どももいました!



この日のクッキングも大成功でした!



これからもクッキングや工作など、何かを作ることを通じて、ものづくりの楽しさを知ってもらうのと同時に、「自分にはできない」という自己肯定感の低い子ども達に対して、子ども達の自信を育み、自信を持って将来社会で生きていける力を養っていきます!





■ファーストドリームのフェイスブックはこちらから!

https://www.facebook.com/株式会社-Firstscene-Education-748271321948523/

※当facebookページでは、皆さんの「いいね!」をお待ちしております!

■ファーストドリームの詳細はこちらから!

http://www.firstscene-education.com/

■ファーストシーングローバルネットワーク公式HPはこちらから!

http://www.first-scene.jp/